設計概要

HOME > 設計概要
 

設計概要

多数アンカー式補強土壁の設計は、大別して(1)内的安定の検討と(2)外的安定の検討があります。
前者はタイバーやアンカープレートなどの破断に関する検討およびアンカープレートの引抜抵抗力に関する検討です。
後者は、盛土、地山を含む補強土壁全体の安定性を評価することです。 以下に設計概要図、設計フローを示します。

 
 

設計概要図

【マニュアル】第4版
【部材概要】
・使用鋼材:SS400、SNR490B、SM490B
・鋼材の腐食代:1.0(mm)
・鋼材のめっき:HDZ55(550g/㎡以上)

【安全率等】 
※(   )内は、地震時を示す。
・アンカープレートの引抜抵抗力 
Fs=3.0(2.0)
・滑動の安全率 Fs≧1.5(1.2)
・転倒の判定基準 e≦B/6(B/3)
・基礎地盤の支持力 Fs≧3.0(2.0)

(1)内的安定検討
(2)外的安定検討
 
 

設計フロー

設計フロー

 
 
 
  • お問い合わせ・資料請求
  •    冊子のカタログ、施工要領書(多数アンカー)をご希望の方は、該当資料にチェックを付け、必要事項を明記の上、下記の送信フォームよりお申込みください。(無料)
  • お問い合わせ・資料請求はこちら